WUB東京の総会に行ってきました

 IT業界の話ではありませんが、先週木曜日は銀座で開かれたWUB東京の総会に行ってきました。WUBというのは、Worldwide Uchinanchu Business Association の略称で、世界各地のウチナーンチュ(沖縄県系人)および沖縄をキーワードに活動する方々と連携し、国際的ビジネス・ネットワークの構築と会員相互のビジネス活動の促進を目的として設立された団体です。毎年、会員同士の交流を図るWUB世界大会が世界各地で開かれ、今年はペルーで開催されるとのこと。あいにく私は用事があったため、総会終了後の懇親会からしか参加できませんでしたが、今回は今井・新会長の就任もあり、賑やかな会となりました。


 沖縄県系移民は全世界に約34万人おり、全日系移民250万人の13.6%を占めるそうです。確かに、沖縄では親戚の中に誰かしら海外移民した人がいるという話をよく聞きます。移民した沖縄県系人の結束は固く、新天地で根を張り、2、3世と世代が変わっても、祖先のルーツを辿って沖縄県内の大学に留学する方が多いのも特徴的です。私自身も、祖父の兄弟の孫という遠い親戚が2名ほど沖縄留学に来ましたし、そのときは一族で歓迎会をやったものです。ちなみに、WUBとは別に、沖縄系移民が5年に1度、世界中から沖縄に集まって文化交流を楽しむ「世界のウチナーンチュ大会」という一大イベントもあるんですよ。

 写真はWUB東京総会で今年度の新会長、役員、運営メンバーが揃ったところ。WUBの皆様、新年度もよろしくお願い致します。