クラウド勉強会〜クラウドチャンプルー2014春

 4月になり、新年度も始まりました。東京では桜が満開となり、今がちょうど見頃です。沖縄にいたときはショッキングピンクのヒカンザクラを1月に見ていました。あの頃は、卒業式/入学式シーズンに見られる儚げな「本土の桜」に憧れを抱いていました。。。
 さて、今回は沖縄で開催されるイベントとその主催者をご紹介します。425日(金)に開催される「未経験者・経営者向けのクラウド勉強会 クラウドチャンプルー2014」は未経験者&経営者向けビジネスセミナーですが、「クラウドとは何か?」、「クラウドでどのように地方IT事業者のビジネスを変革/強化/サポートするか?」、「企業はコミュニティとどのように連携して行くべきか?」といった内容になっています。講演者の顔ぶれと講演タイトルを見ても、興味深いお話が聞けそうでワクワクします。
 主催者のクラウドチャンプルーは、「クラウド」というキーワードのもと、データセンター運営者/クラウド事業者/関連ユーザーグループが人材交流や技術およびマーケット動向について情報交換し、沖縄のクラウド事業を盛り上げることを目的に立ち上げられた、ビジネス向けの事業者間コミュニティです。
 沖縄ではこれまで、データセンター事業者はバックアップセンターとしての役割を果たし、SI事業者は地元企業のシステム開発や県外の開発案件の下請け業務が大部分を占めていました。しかし、クラウド化が進むに従い、沖縄でも従来の「場所売り」や労働集約的なSIは減少しつつあります。一方、クラウドでは求められる技術の構成要素が高度化・複雑化し、各事業者も下から上まで各レイヤーの周辺技術を幅広く理解することが求められています。このような背景のもと、沖縄でも情報交換や勉強の場としてのコミュニティが立ち上がったのです。
 ちなみに、クラウドつながりでのお話ですが、沖縄では県を挙げて「クラウドコンピューティング拠点形成」なる一大プロジェクトが現在進行中です。詳細はまたの機会に。