求職者が注意すべきこと(2)

前回の投稿「求職者が注意すべきこと(1)」の続きで、

2. インターネットの口コミサイトだけでなく、なるべく色々な視点で企業のことを調べ、判断すること。(友人知人、可能であれば地元の事情に詳しいハローワークや人材紹介会社などからも情報収集)

について。

今はインターネット上に会社に関する各種口コミサイトも豊富にあり、転職にあたっては重要な情報源になっています。特に、友人知人の少ない土地に移住転職をしようと思う方には、確かに強い味方だと思います。

ただ、サイトによっては非常に偏った情報しか投稿されていない、ということもあるようです。投稿者が一定数いれば、ある程度その会社の実態が浮かび上がってくるかもしれません。しかし、大きな会社であれば部署や職種によって文化が全く異なるということは沖縄に限らずよく見られることでしょう。また、ベンチャー企業であれば、草創期・成長期・成熟期などのフェーズによって、同じ部署や職種であっても、社員に求められるものが異なることは大いにあります。例えば、投稿者がその会社に在籍していた(いる)当時の「会社のフェーズ」と当人の仕事のスタイルや仕事に求めるものが大きく乖離していると、噛み合わないことも出てくるでしょう。その背景を説明することなく、ネガティブな側面だけを投稿している場合もあるかもしれません。

口コミサイトは、確かにその会社で働いた人の本音を知ることのできる、強力なツールです。しかし、利用にあたっては、(1) 投稿内容の該当時期を確認(その後、組織改編が行われて現在は事情が変わっているかもしれない)し、(2) 投稿内容を吟味(同じ人物によるネガティブ投稿しかないのであれば偏っている可能性もあり?)し、(3) 投稿内容の背景(会社のフェーズや文化)まで推測するといったことまでしてみると良いかもしれません。

さらに、可能であれば友人知人や地元の事情に詳しいハローワークや人材紹介会社などからも情報収集できると、より複眼的にその会社のことを知ることができると思います。

繰り返しになりますが、口コミサイトは重要で強力な味方ですが、くれぐれも盲信することなく、冷静にその内容も判断した上で転職活動に活用してもらいたいものです。